ホームページをリニューアルしました。

弊社「TMC建物」のコンセプト

弊社は一棟建物専門の管理会社です

皆様はマンションの管理業務遂行のため毎月管理費を納められています。その管理費の減額を管理会社に請求したことがありますでしょうか?その回答の是非はともかくとしても、ほとんどの場合に皆様は「言い値」の管理費をお支払いだと思います。それを物で例えると「定価」と言い換えることができますが、この時代に競争原理もなく「定価」で購入し続けることは珍しいことです。しかし、皆様にとってそうならざるを得ない理由もあります。他に管理会社の選択肢が無い、もしくは少ないという現実も競争原理の働かない管理委託業界にしてしまっている原因です。

それを「開かれたマーケット」にするためには、弊社は「質の良いサービスを低価格で」という業務を実行すること。今後、少しでも競争原理を生み出し、結果として皆様に還元できるよう務めていくことが使命だと考えています。

オーナー様(管理組合)が管理会社をチェックする

「管理は管理会社に全部お任せ」になってはいないでしょうか。それは委託契約にある「全部委託」とは意味が異なります。たしかに管理とは清掃、設備の保守点検、法令等の届出、修繕計画や滞納者への対処といった専門的な知識や手続きを必要としますので、オーナー様(管理組合)として容易なことではないでしょうし、難しいことは管理会社が行えばよいのです。しかし、だからといって管理会社の言いなりになってはいけません。管理費をはじめ説明や報告、また勤務態度やマナーに少しでも不満や要望があれば組合として、どんどん意見すべきです。

皆様の住んでいるマンションはそれぞれ異なっています。ですから管理も一つではないはずです。「管理」という決まりきった枠にマンションをはめ込むのではなく、皆様お住まいのマンションにあったベストの管理費用と内容を模索し続けることで、はじめて管理の質が向上するものではないでしょうか。またそういった皆様の声に耳を傾けない管理会社はもはや時代遅れです

大切なことは「納得」できること

ここ数年で、管理会社の見直しや変更を行うマンション(オーナー様/管理組合)が増えてまいりました。その理由は「管理費が高い」「業務がいい加減」「困ったときに何もしてくれない」「管理費や修繕費を値上げする」といったことが挙げられるようです。管理会社の見直しや変更は大変良いことだといえます。なぜなら新規に契約を結ぶ場合も、現行の管理会社で更新する場合も、オーナー様(管理組合)、つまり皆様が判断し選ぶという「納得」がそこにはあるからです。また見直しをすれば管理業界の活性化にもつながり、業界全体にとっても望ましいと考えています。

新規管理物件の獲得に苦労することのない管理会社があぐらをかいている時代も終わったのです。今後は皆様が主体となり管理会社を選ぶ時代です。

ベストの管理会社とは?

管理会社は時としてオーナー様(管理組合)に苦言を呈しなければならないときがあります。それは滞納者への催告や管理費や修繕費の料金の値上げです。設備の入れ替えや修繕計画の見直し等により起こる可能性は十分にありますが、多くの場合にはオーナー様(管理組合)から反発があるようです。理由としては、前後の説明不足や、はじめは安いことを言っておきながら「やはり駄目でした」のような回答があった場合によくありますが、それに反発するのはオーナー様(管理組合)としては当然のことです。問題なのは、そこでオーナー様(管理組合)と管理会社が平行線をたどり、時間ばかりが過ぎていくといった状況です。そのままにしておくと後で必ず負担が増しますし、管理費や修繕費の不足という絶対にあってはならない事態を招きかねません。この場合はもちろんそのままにしておく管理会社に責任はありますし、早急な説明と改善が求められますが、最終的にはやはり皆様がその責任を負わなければならないのです。なぜなら、その管理会社を選び続けてきたのは皆様であると言い換えることが出来るからです。

こういったケースは少なからずあるでしょう。ですからそういった事態を未然に防ぐためにも管理会社に任せっきりにするのではなく、皆様も行動することが今後重要視されます。

選定される管理会社は「安くても内容が悪い」や「内容は良いが高い」ではいけません。「安くても内容が良い」という管理会社が理想的であることは明らかですが、つまりそれが「最小限の費用で最大限の効果を得ること」ではないでしょうか。

マンションの未来は皆様の判断に委ねられています。費用や業務、そしてより良くするためのご提案こそが我々「TMC建物」の義務である考えています。皆様の選択肢の一つとして弊社をお考えいただければ幸いでございます。

管理会社はマンションのもともとの付属会社ではなく、オーナー様(管理組合)として客観視して本当にベストなのかどうか見定めるということが大切です。

無料ご相談窓口

タイトルとURLをコピーしました