オーナー様必見!よくある大規模修繕ランキング ベスト4

これまでの弊社の経験から、マンションやアパートにお住いのお客様における、よくある大規模修繕のランキングを掲載いたします。参考にして頂き、活用していただけると幸いです。

屋上防水工事

この修繕工事が大規模修繕の中で最も多い工事です。屋上の防水はしっかりしておかなければ下層に流れ落ちる場合があり、さらに修繕費がかかりますので、早めの対応が必要です。また対応年数は使用する材料や工法によって変化するので注意が必要です。当然その行う規模によって費用は変わりますので一概に「幾らです」とは言えないのが現状です。基本的には10年に一度行います。

外壁塗装工事

年数が経ち外壁に汚れが目立った場合に施します。耐久性の向上はもちろんですが、建物のリニューアル工事でもあり、資産価値の向上も同時に行えます。塗装する色もベージュ系が多いとは思いますが、思い切ってカラフルな色にするのも良いと思います。費用も規模によって変わりますが、足場を組む場合にはそれだけでかなりの額が必要になるため相見積もりなどで慎重に進める必要があります。

浄化槽の更新

これは浄化槽を使用していない物件には無縁ですが、使用しているオーナー様は注意が必要です。また付随するポンプの故障や年に数回のメンテナンスは必ず行ってください。放置すると臭いの原因になったり、浄化槽の故障に繋がり、多額の費用がかかります。また立地条件に問題が無く、接道道路に汚水管などが通っている場合には切り替えの検討も可能です。ただし費用がかかりますので、十分な検討が必要です。

鉄部塗装

建物に付随する鉄部は様々ありますが、外階段の手すりなどが主な修繕箇所になります。また階段が鉄を使用している場合には錆止めなどの修繕が必要になります。外壁塗装などと同時に行えばスケールメリットを活かし安くできることもあります。

無料ご相談窓口

タイトルとURLをコピーしました